トップページ > 函館で学ぶ > ~特別講座~ サメ講座レポート

~特別講座~ サメ講座レポート

函館で学ぶ
2018.06.26

平成30年6月14日(木)、サメ特別講座を実施いたしました。

講師は、北海道大学名誉教授 水産学博士 仲谷 一宏 先生です。

仲谷先生は「サメ博士」としても有名で、活動の場は日本国内だけでなく海外にも及んでいます。著書には「サメ・ウォッチング」「サメの世界」など翻訳を含め多数あります。

仲谷先生には2014年より「サメ特別講座」をお願いしており、今年で5回目となります。

 

 

仲谷先生から学生にいくつかの質問があり、仲谷先生の世界に引き込まれていきました。

Q1. 人間にとっての危険生物は何でしょう?

A1. 1番は蚊です。ちなみに2番は人間だそうです。サメは怖いイメージがあるので上位かと思いましたが、思っていたよりも下位でした。

Q2. 世界にサメは何種類いるでしょう?

A2. 現在わかっているのが507種類だそうです。日本近海では130種類が認められています。

Q3. 世界で1番小さなサメの大きさは?

A3. 20cm!こんなに小さなサメなんてイメージできませんよね(´艸`*) 逆に1番大きなサメは15mほどもあるそうです。

 

さて、サメの進化は歯によって知ることができるそうです。サメは軟骨類なので、死んだあとは歯しか残らないそうです。また、サメの歯には刺す歯と切る歯の2種類があるのですね。生きていく環境によって変わるんですね。

 

また、人とサメの関係では、私たちはサメの肉などをはんぺんやカマボコなどの練り製品として、またヒレはフカヒレ、肝臓は肝油などとして食べることがありますね。

 

私たちは、秋にサメを使った調理実習を行います。今回の講座で学んだサメの生態や活用方法を、調理実習で活かしていきますp(^O^)q

仲谷先生、この度は私たちのためにありがとうございました!✨

 

平成30年度より2年制にチェンジ 弘前大学食料科学研究所との連携 体験入学のお知らせ エゾシカグルメプロジェクト&地域貢献 新校舎完成のご案内