トップページ > 弘前大学食料科学研究所と連携・協力

弘前大学食料科学研究所との連携・協力に関する協定

本校は、弘前大学食料科学研究所と,相互の学術交流を図り,主に津軽海峡交流圏を中心とする地域の農林水産物に関わる高機能ブランド化及び食産業の振興等の分野において連携・協力し,活力ある地域社会の形成と発展に寄与することを目的に平成27年11月19日(木)に青森市文化観光交流施設「ねぶたの家 ワ・ラッセ」にて協定を締結致しました。

提携調印写真
提携調印写真

今回の協定締結により,本校と弘前大学食料科学研究所では,津軽海峡グルメコリドール(食通回廊)構想に基づく「青森プラッター」や「青函フルコースおよび青函プラッター」の共同開発を進めると共に,北日本食の成長戦略と北海道新幹線開業に伴う津軽海峡交流圏の連携推進の一環とした統合食料科学の創出による食の総合プロデュースに取り組んでまいります。

連携事項

  1. 地域の食資源の調査・研究開発に関すること。
  2. 地域の食資源の高機能ブランド化への理解促進に関すること。
  3. 地域の食産業の振興に関すること。
  4. 地域の食に関わる人材の育成に関すること。
  5. その他前条の目的を達成するために必要と認める事項。

今後の主な取組内容

  1. 津軽海峡グルメコリドール構想に基づく「青森プラッター」の共同開発
  2. 北日本食の成長戦略と北海道新幹線開業に伴う青函圏連携の推進の一環として「青函フルコースおよび青函プラッター」共同開発
  3. その他,統合食料科学の創出による食の総合プロデュースに関する取組の検討
平成30年度より2年制にチェンジ 弘前大学食料科学研究所との連携 体験入学のお知らせ エゾシカグルメプロジェクト&地域貢献 新校舎完成のご案内