トップページ > 社会人入学

社会人入学

社会人入学制度とは?

専門学校教育へ関心を持つ社会人に対し、「生涯学習」「成人教育」の場を幅広く提供するために、社会人特別入学制度を設けています。これまでに多くの社会人の皆さんが専門知識・専門技術の修得をめざして学んでいます。

社会人入学生インタビュー

画像

調理師科  社会人入学
岡田 さゆりさん

 高校を卒業して、大阪の芸術大学で染色を学んでいましたが、とてもプロとして生きるのは難しく、函館に戻ってお花屋さんで事務の仕事をしていました。この学校に社会人入学する事に目覚めたのは子育てを始めてから、やはり食の安全性に関心を持つようになったことがきっかけです。この学校は街の料理やお菓子の専門店の方々から学ぶことができます。そういった先生から学ぶ食の安全へのこだわりはとても勉強になります。卒業後は、まずはお菓子屋さんやパン屋さんで販売の仕事に携わり、函館の街の食の担い手としてお店が持てるように頑張ります。

画像

調理師科  社会人入学
前田 詩歩さん

高校を卒業していろんなアルバイトをしていましたが、この度、一番アルバイト経験の多かった食の調理の世界をしっかり学ぼうと入学しました。函館は、観光でたくさんのお客様が、海外からもお見えになる街でフレンチや和食などお店も豊富です。そして観光のお客様をおもてなしするうえでも食の世界は重要だと思います。
この学校は、実習がたくさんあって、地域食材を使ったお料理も先生が積極的に教えてくれます。卒業後は、学んだことを活かして食の世界で地域に役立って行きたいです。

画像

調理師科  社会人入学
石川 尚弥さん

高校を卒業して、最初はパン屋で働き、その後は橋を設計する会社で働きました。でも、やはり子どもの頃からの夢である調理人の仕事に就きたいと思い、函館短期大学付設調理製菓専門学校に入学しました。本当にやりたいことを学んだ毎日は楽しく、充実したものでした。おかげで長年の夢が叶ってフレンチレストランに就職できたのですから、回り道の選択も間違いではありませんでした。私が勤務するお店は、料理も建物も働く人々もフレンチの本物を追求する素晴らしいお店です。もちろん、プロの世界は厳しいですが、なおのことやりがいを感じることができます。そして学校で学んだ調理の基礎も、いろんな局面で思い出され、とても助かっています。
函館短期大学付設調理製菓専門学校は自分のやってみたいことを親身になって応援してくれる学校です。みなさんも頑張ってください。

画像

調理師科  社会人入学
高村 亨さん

食品会社に勤務し、全国のデパートでコロッケやイカめしの実演販売してきました、全国をまわっていると、北海道の食べ物のことを良く聞かれましたが、答えられない事もあり、自分の知識や勉強方法に疑問を感じ模索している時に野菜ソムリエの資格を取り、さらに食材に関する興味から調理する分野にも興味がわき調理師科への社会人入学を決めました。一人暮らしが長かったので、自炊はしていましたが、学校で基本的な包丁や鍋の使い方を学ぶことで技術面も高まり、プロの世界で腕を磨いてこられた諸先生から地元素材を使ったたくさんのメニューを教えて頂くことで、北海道の素材に対する愛着も増して、私の食の世界は一気に広がりました。
卒業して、再び実演販売の仕事に復帰しましたが、野菜ソムリエと調理師免許を得たことで、食にまつわるイベントでの講演もさせていただくことにもなり、人生が、より一層楽しいものになってます!皆さんも函館短期大学付設調理師専門学校で人生の幅を、さらに広げてください。

教育訓練給付制度(社会人対象)

・雇用保険期間3年以上で上限10万円の学費返還
※変更の可能性があります

平成30年度より2年制にチェンジ 弘前大学食料科学研究所との連携 体験入学のお知らせ エゾシカグルメプロジェクト&地域貢献 新校舎完成のご案内